江戸時代からラブホテルは存在した!?

気に入ったらシェアお願いします♪

ラブホテル

江戸時代のラブホテルはどんなところ?

現代でも人気のラブホテル。クリスマスシーズンや花火シーズンはとても賑わっています。とてもうらやましい限りです。

ラブホテルは現代で需要がこれだけあるので当然古くから必要とされていました。
性欲には人間は勝てませんw
江戸時代と言うと性には色々と厳しそうですが、実は当時の方が野性的でした。

江戸のラブホテルは「出会い茶屋」と呼ばれていました。
元々「茶屋」とは今で言う喫茶店とかファミレスみたいな物で、番茶を飲ませる場所でした。
その茶屋がその後料理も提供するようになって料理茶屋など様々な発展を遂げています。
当然発展すれば性の方向も発展していくようになり「出会い茶屋」が出来ました。

出会い茶屋は男女の逢い引き用に業態を特化したものです。
カップルが性行為を出来る場所は自宅か、屋外や納屋などが一般的でした。
そんな常識を打ち破ったのが出会い茶屋です。

現代のように派手な電飾や外装のラブホテルとは違い、一見料理茶屋を装い偽装していました。
裏口があったり、入り口が二つあったり、こっそりと入れるようになっていました。

利用料金はご飯付きで2万円


江戸時代のラブホ
現代だと、宿泊で1万円ぐらいが相場でしょうか。
サービスで朝食が付いていたりと、リーズナブルに利用できますよね。

江戸時代では食事付きで「1分(ぶ)」ほどだったと言われています。
現在の通貨だと約2万円です。
結構高いですよね…

それでもみんな性欲には勝てず、声を思いっきり出して性行為を楽しみたいので利用したのでしょう。
やっぱり、声を押し殺してヤルよりも思いっきり出してやりたいですよね。

江戸時代は出会い茶屋以外にも「色茶屋」(風俗)、「陰間茶屋」(ゲイ向け風俗)なども誕生し発展していきました。

基本的に当時は青姦が多かったと思います。
今みたいにコソコソする必要も無かったし、探せば人が居ないところはいくらでもあったので、野性的に性行為を楽しんでいたと思います。

女性経営者が明かす ラブホテルのぶっちゃけ話 女性経営者が明かす ラブホテルのぶっちゃけ話
阪井すみお まお

彩図社 2013-01-24
売り上げランキング : 187

Amazonで詳しく見る by G-Tools

スポンサーリンク

気に入ったらシェアお願いします♪

フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です